PORCINI since2003

ポルチーニ 公式ウェブサイト | 大阪福島

ポルチーニ グループ スタッフ大募集!!

2015年06月の記事は以下のとおりです。

長崎県佐世保 自然放牧豚を求めて

2015年06月18日(木)

20150618193712.jpg

 

 長崎県佐世保の山奥。

 

長崎空港からレンタカーで2時間。

 

少し心配になるような深くて急な山あいを登って行くと、

 

幻といわれるほど希少な豚を、

ストレスフリーな環境で育てている生産者さんがいます。

 

「味菜自然村の林さん」

 

まわりを豊かな樹木に囲まれ、聞こえてくるのは風の音と鳥のさえずり。

 

夜にはホタルが舞うこの場所で、

日本にいる豚の1%に満たない希少種「中ヨークシャー種」を育てています。

 

 

 生ハムやサラミ、ハム・ソーセージなどを自家製でつくっているPORCINIとしては、原料になる豚にもっと「こだわり」を持ちたい・・・。

 

食肉加工に適した豚肉をずっと探し続けていました。

 

 20150619144543.jpg

自家製でつくっている生ハム・サラミなどのシャルキュトリーたち

 

 

 

そしてこのたび、素敵なご縁があり。

 

長崎県佐世保へ行ってきました。

 

 

 

長崎の山あいから~porciniのテーブルへ

つながりを求めて行きました。

 

 

 

 

20150618195101.jpg

放牧場からの絶景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20150618183515.jpg

 自然がいっぱいです。

 

 

 

 

 

  山の自然放牧場は12か所あり、常に6か所を使用。

1年のサイクルで放牧と休牧を交互に繰り返しています。

 

 

20150618195147.jpg

背中をなでられるとお尻を振って喜ぶ中ヨークシャー種の豚

 

 

 

幻と呼ばれる「中ヨークシャー種」

 

昭和30年代まで、日本で飼われていた豚のほとんどは「中ヨークシャー種」という品種でした。

 

日本の気候風土に合った豚で、肉のきめが細かく、臭みがなく、脂肪は白く、旨味の成分や栄養価も高いと言われ、脂身の美味しさは絶品です。

 

しかし、中ヨークシャー種には、成長があまりにも遅い(9~10ヶ月)。

身体も他の豚よりも随分小さいという欠点がありました。

 

今の皆さんが食べている豚のほとんどが生まれてから6か月で出荷されています。

 

身体が大きくて早く成長するため、主流になりました。

 

「中ヨークシャー種」は、次第に日本から減り続けました。

 

 

そして「幻の豚」と言われるようになりました。

 

ここでは、たくさんの「中ヨークシャー種」の仔豚が走り回っています。

 

 

 

 放牧場から脱走する豚も帰ってくるらしいから不思議です。

 

20150618193850.jpg

 

 「自然にやさしく、豚にやさしく」

豚を育てること、心のこもった愛情のあるお話をたくさん聞きました。

 

 

 

 

20150618122305.jpg

 

 こんなノビノビとしてイキイキとした豚をみたことありませんでした。

 ストレスは肉質に大きく反映されます。

 

 

 

 

20150619145049.jpg 

 

 九州長崎の大自然にいやされました。

これからがとっても楽しみになりました。

 

 

 

 

 

20150618122352.jpg

 

 

 

 

 

 

20150618195252.jpg

 

porciniは、

生産者さんとつながり、

見て体験し、

感謝し美味しく料理することを大切にしていきます。

 

 Eat Local

  • 1

最近の記事

とびあがるほど美味しいサルシッチャの秘密
2018年12月13日(木)
「都市養蜂」大阪産 はちみつを求めて
2017年10月03日(火)
ドイツ食肉加工研修・本場の味を求めて
2017年01月10日(火)
北海道・江別に理想の小麦を求めて
2016年07月21日(木)
宮崎県都城市 肉厚しいたけを求めて
2016年06月08日(水)

過去の記事